くらし情報『フェンス越しの立ち話と家庭菜園【Anneママの『絵本とボクと、ときどきパパ』】』

2020年6月26日 15:56

フェンス越しの立ち話と家庭菜園【Anneママの『絵本とボクと、ときどきパパ』】

この連載は……
モデルのアンヌ(Anne)さんによる絵本紹介エッセイ。小学5年生の男の子ママでもあるアンヌさんは、出産をきっかけに絵本の世界に魅了され、いまでは息子さんだけでなく地域の読み聞かせ活動にも参加するほどの絵本好き。息子さんとの日々も綴ります。

妹の住むオランダは、家族と周りの環境をとても大切にする文化だと言います。近所の人たちの交流も多く、道端での立ち話はもちろん、家に招き合うのも習慣なのだそう。なので、お互いどんな生活をしているのかよく知っていて、会うとすぐに立ち話。話題が尽きず、楽しいようです。

立ち話というと、玄関先や道端をイメージしますが、フェンス越しでもするというのが実にオランダ的だと妹は言います。

農業国ならではなのか、少なくとも地方の町暮らしでは、ご近所さんとは、どこの家にもある庭を隔てたお隣どうし。双方で相談しあって決めた「お気に入り」のフェンスで仕切られているそうです。タイミングよくお互いが庭に出ていれば、そこですぐさま挨拶。フェンス越しにひょいと顔を出して「やあ、どう?」と会話が始まるのだそうです。

コロナ禍で自粛生活がスタートしてからは、庭にいることが多くなり、さらにフェンス越しの会話も増えたとか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.