くらし情報『憧れの北斗星の食堂車レストランにいってみました!』

2020年7月9日 10:50

憧れの北斗星の食堂車レストランにいってみました!

この連載は……
元祖鉄道アイドル、いまはママ鉄として活躍している豊岡真澄さんが、お子さんと一緒に「でんしゃ」にまつわるおでかけ情報をご紹介します!

「ブルートレイン乗ってみたかったなぁ。」

息子がそう呟いたのは一度や二度ではありません。気づいた時にはすべて廃止となってしまっていたブルートレイン。

でも、まだ今もブルートレインに出会える場所があるのです! それは、埼玉県川口市にあるレストラン《グランシャリオ》。場所はJR武蔵野線・埼玉高速鉄道の東川口駅から徒歩約7分のところにあります。

地図を見ながら駅から歩いていくと、息子が看板を発見しました。

憧れの北斗星の食堂車レストランにいってみました!


ありました! グランシャリオの文字が。

グランシャリオは、かつて上野〜札幌間を16時間かけて結んでいたブルートレイン北斗星の食堂車です。ドーン! と出迎えてくれた北斗星の車両。

憧れの北斗星の食堂車レストランにいってみました!


こうしてみると迫力がありますよね。入口の方へ向かうと、まるまる1両が敷地内にいました。

憧れの北斗星の食堂車レストランにいってみました!


そうそう、これ。この金帯こそが北斗星ですよね!そしてスシ24の文字。

憧れの北斗星の食堂車レストランにいってみました!


スシってなぁに?お寿司…ではないんです。車両記号のスは重量表示のひとつ、シは食堂車のシなんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.