くらし情報『ついに始まったイヤイヤ期 ママが意識したい5つの対応とは』

2020年7月13日 10:56

ついに始まったイヤイヤ期 ママが意識したい5つの対応とは

ということはとても大切。自分でやりたいことがうまく主張できずにイヤイヤしている時には、ママが選ばせてあげることでそのモヤモヤを解消してあげましょう。

例えば、自分でやりたいのにうまくできなくて自分にイライラしている時。

「そうだよね、自分でやりたいよね」とワンクッションを置いた上で、「どうする、もう少しやってみる?」「ママが手伝う?」「やり方を教えようか?」「これは後にして先にこっちをやってみる?」といくつかの選択肢を与えます。そうするとお子さんもその中で自分のやりたいことを見つけられ、主体的に動けるようになるのでイヤイヤが少し落ち着きます。

何かをして欲しい時も、「食事の時間だから座りなさい」ではなく「ママはお腹が空いたから食事にするけれど、〇〇ちゃんはどうする?ご飯から食べる?ハンバーグからにする?」という疑問形にするのも効果的。一方的に言われたのではなく、自分に選択肢があると分かるのでお子さんも受け入れられやすくなります。

4.目先を変える、笑いにする

どうしても1つのことからうまく切り替えができない時には、ママがうまくお子さんの注意の矛先を変えるように促してみましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.