くらし情報『ついに始まったイヤイヤ期 ママが意識したい5つの対応とは』

2020年7月13日 10:56

ついに始まったイヤイヤ期 ママが意識したい5つの対応とは

例えばお子さんが公園でずっと遊びたくて帰らないという時には「もう帰る時間なのよ」と言い続けるのではなく「あっそうだ!今日家に帰ったら〇〇ちゃんが大好きなあれがあるんだった」といったように興味の先を変えてあげます。

お子さんのイヤイヤにこちらが真剣に対応しすぎるとうまくいかないことがあるので、その状況を笑いや楽しいことに変えてしまうのも1つ。「じゃあお家に帰るまでかけっこでママと競争してみよう」と提案してみたり、お子さんに何かを促したくてもやらない時には「あっじゃあママが先にやっちゃおうかな。これすごく楽しいんだよね」とママが楽しむ姿を見せてあげたり。お子さんがあまりにイヤイヤしていたら、その顔真似をして笑わせてみたり…もうあの手この手ですが、ご家庭によって楽しいアイディアやルールを見つけてみて下さいね。

5.特には突き放す

最後の手段は、時には毅然として突き放す態度を取ること。お子さんのイヤイヤに過度に反応する必要はありません。お子さんはママの関心を惹きたいという気持ちがあるので、自分がイヤイヤするとママはこっちを向いてくれると思うとそれを繰り返すことにもなります。 どうしてもイヤイヤが収まらない時には、ママは冷静に、少し離れて見守る姿勢を取る。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.