くらし情報『食べてくれない時はどうしたらいい?お子さんの好き嫌いとうまく付き合う方法』

2020年7月27日 10:00

食べてくれない時はどうしたらいい?お子さんの好き嫌いとうまく付き合う方法

お子さんが食べてくれない! 好き嫌いが多い! こんな悩みを持つママは多いですよね。

大人に比べて圧倒的に好き嫌いが多いと感じる乳幼児期。子どもは大人よりも味覚に敏感で、味覚を勉強していく時期なので、好き嫌いが多いというのは本能的なものです。

あまり心配しすぎる必要はないのですが、でもやっぱりできるだけ食べてほしいと思うのもママの本音。今回は好き嫌いとどのように付き合っていけば良いのか? を考えていきたいと思います。

食べてくれない時はどうしたらいい?お子さんの好き嫌いとうまく付き合う方法


どうして好き嫌いは起きる?

前回の記事https://hanakomama.jp/?p=89476&;preview=true&;_thumbnail_id=89477でもご説明したように、味覚は3歳頃にベースができ、10歳ころまでの積み重ねがその後の人生の基礎になると言われています。特にこの3歳頃までは「本能的」に味を感じる時期なので、大人のように様々な味を受け入れられないというのが事実。特に腐った味を連想させる酸味、毒の味を連想させる苦味、この2つは小さなお子さんの脳に危険信号が働くため、食べられない子も多いです。酸味のあるトマトや苦みのあるピーマンなどは、お子さんの苦手野菜の代表ですよね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.