くらし情報『食べてくれない時はどうしたらいい?お子さんの好き嫌いとうまく付き合う方法』

2020年7月27日 10:00

食べてくれない時はどうしたらいい?お子さんの好き嫌いとうまく付き合う方法

この時期に好き嫌いがあることは自然のことなので、ママが無理やり食べさせようとしたり、強制するようなことはNGです!そうするとお子さんに不安感や緊張感が芽生え、食べることに対して良い感情が持てない=食べることが苦手 になってしまいます。

たまに食べてくれたら良いか! くらいの気持ちで、まずはママは笑顔で楽しい食事の時間を。

また、子どもは気まぐれな一面があり、食べられなかったものが急に食べられるようになったり、その逆もあります。ちょっとした変化で食べることもあるので、例えば

・いつもより盛り付けや器の見た目をかわいくして気分を盛り上げる

・できたての良い香りを存分に嗅がせる

・いつもと少し違う食感や味付けにしてみる

といった工夫もお子さんの「食べたい」意欲を引き出すのに効果的です。

2. とにかく繰り返し学習!

食べてくれない時はどうしたらいい?お子さんの好き嫌いとうまく付き合う方法


この時期に食べられないものがあっても、その味を知っているか、知らないか、でその後の人生が全く違います。繰り返し食べた食べ物の味や匂いは無意識のうちに脳に記憶されており、大きくなるにつれてその味を受け入れられるようになるもの。食べないから全く食卓に出さないのではなく、定期的に食卓に出し、ほんの少しずつでもいいから根気よく食べられるように促してみて下さい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.