くらし情報『フランス式の寝かしつけで子どもの自立心が育つ!?』

2020年7月31日 10:18

フランス式の寝かしつけで子どもの自立心が育つ!?

こんにちは。子育てアドバイザーの河西ケイトです。

最近、色々なお母さんたちから、「夜の寝かしつけがうまくできず悩んでいる」と相談されます。確かに、寝かしつけって難しいですよね。私も、保育士時代に午睡(お昼寝)の時間に子どもたちが寝ないことがあり、苦労して寝かしつけたという経験があります。今回は「睡眠」にテーマをおいて、日本ではなくフランス式の子育てについてお話したいと思います。

目次

・皆さんはどのようにお子さんを寝かしつけていますか?
・大切なのは気にかけること


フランス式の寝かしつけで子どもの自立心が育つ!?


皆さんはどのようにお子さんを寝かしつけていますか?

日本では、子どもの側にしっかりついて寝かしつけをするのが当たり前になっています。しかし、フランスでは、親が子どもの寝かしつけをしないそうです。もちろん添い寝などもしません。子どもが寝る時間を親が決めて、寝る数分前に絵本を読み聞かせたり、抱きしめたり手を握ってスキンシップをしっかりとり、情緒を安定させます。そして、子どもを部屋へと連れて行き、自分で寝られるように癖をつけさせるとのことです。

「一人にさせて子どもが心配になったりしないのか?」と思うのですが、「子どもが大きくなっても大人は添い寝をしたり寝かしつけますか?」「子どもが大きくなったと親が決め付けて、寝かしつけを急にやめる方が子どもにとってもストレスだと思いませんか?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.