くらし情報『【母乳育児で痩せるには】母乳育児で痩せるために気をつけたい3つのポイント』

2020年8月18日 18:50

【母乳育児で痩せるには】母乳育児で痩せるために気をつけたい3つのポイント

産後痩せにおすすめな母乳育児。母乳をあげている方は、授乳で痩せるのがおすすめです。母乳をあげると消費カロリーが上がります。そのため、とても痩せやすくなるのです。そこで、ただ母乳をあげるのではなくポイントを踏まえて母乳育児をすることで、ダイエット効果はとても高くなります。

今回は【母乳育児で痩せるためのポイント】についてご紹介します。

「母乳をあげている間にラクして体重を落としたい!」というママは、ぜひ最後まで読んでくださいね。

母乳育児は、1日350キロカロリー消費する

目次

・母乳育児は、1日350キロカロリー消費する
・母乳育児で痩せる水をたくさん飲む
・母乳育児で痩せる食べすぎに注意
・母乳育児で痩せる少しずつでも寝る
・母乳育児で痩せるポイントまとめ
【母乳育児で痩せるには】母乳育児で痩せるために気をつけたい3つのポイント


痩せたいなら、産後はミルクより母乳育児がおすすめです。母乳をあげるだけで、カロリー消費ができるからです。厚生労働省の発表では、母乳育児中は350キロカロリーをプラスする必要があると言っています。

約350キロカロリーというと、

・ディッパーダンクレープ(1個)

・天丼天やうどんセット(冷1食)

・ポテトチップス(コンソメ味1袋)

・カップヌードル(塩味1個)

など。

つまり、母乳育児中は普段より多く食べても太らないということです。痩せるためにはとっておきの母乳育児期をうまく活用し、健康的に無理なくすっきり痩せていきましょう!

母乳育児で痩せる水をたくさん飲む

【母乳育児で痩せるには】母乳育児で痩せるために気をつけたい3つのポイント


母乳育児中は、水をたくさん飲みましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.