くらし情報『3歳児の育児は大変?これさえ押さえれば大丈夫!育児に活かせる4つの言葉。』

2020年8月23日 10:31

3歳児の育児は大変?これさえ押さえれば大丈夫!育児に活かせる4つの言葉。

こんにちは、子育てアドバイザーの河西ケイトです。

3歳児の育児に悩むママさん本当に多くいます。3歳児はコツや子どもの成長背景を学ぶことで、難しく考えること無く育児ができます。私が子育てで気をつけている4つのことを今回お話したいと思います。

目次

・自分は誰なのか? 人との違いに気づく3歳児
・家庭における3歳児との関わり方
・子どもが3歳になるまで母親は子育てに専念すべき?
・子どもに対しての言葉がけを大人もアップデートしよう!


3歳児の育児は大変?これさえ押さえれば大丈夫!育児に活かせる4つの言葉。


自分は誰なのか? 人との違いに気づく3歳児

では、3歳児はどのような成長発達段階にあるのでしょうか?まず、自分が誰なのか?に気付く成長段階にあります。そして、自分の「姓名」「性別」「年齢」「身近にいる人の姓名や性別」などを理解します。また、身振り手振りを使って自分の身の回りで起きたことを説明しようという力がつきます。社会性も身につくのはこの頃で、知らない人を目の前にすると、大人の後ろに顔を隠したり、恥ずかしさのあまり色々なところを動き回るようにもなります。

これは、場面の切り替えが苦手な時期におきる姿で、4歳を迎える頃には自然と見られなくなるでしょう。2歳児との違いは、ずばり「貸し借り」「順番」「交代」などが理解できるようになること。このことで子ども同士のトラブルも大きく減ってきます。

家庭における3歳児との関わり方

基本的な生活習慣が身につくので、だいたいのことは、時間がかかっても自分自身で行うことができます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.