くらし情報『公立と私立で異なる!幼稚園から大学まで子育て費用をシミュレーション』

2020年8月6日 10:00

公立と私立で異なる!幼稚園から大学まで子育て費用をシミュレーション

子育ては何かとお金がかかります。子供が生まれてから慌てないためにも、子育てにかかる費用のシミュレーションをしっかりしておくことが大切です。

そこで今回は、幼稚園から大学生までにかかる子育て費用のシミュレーションを紹介します。

幼稚園から大学までかかる総額の費用

目次

・幼稚園から大学までかかる総額の費用
・子育てにかかる費用の負担を軽くする方法
・知っている?幼児教育・保育が無償化へ
・お金を貯めるなら幼少期がチャンス!
公立と私立で異なる!幼稚園から大学まで子育て費用をシミュレーション


子育てにかかる費用は、公立と私立とでは大きく異なります。子どもの教育プランを立てる上で、どれだけ費用に差が出るのか確認していきましょう。

総額費用:公立
まず、地方公共団体が運営する公立は私立に比べて費用を安く抑えることができます。文部科学省の発表によると、幼稚園から大学までにかかる合計費用は約775万円。

その内訳は、幼稚園(約66万円)、小学校(約193万円)、中学校(約145万円)、高校(約123万円)、大学(約248万円)となります。

総額費用:私立
個人や民間団体が運営する私立は、公立に比べて2倍以上も費用がかかる結果となりました。文部科学省の発表によると、幼稚園から大学までにかかる合計費用は約2,216万円。

合計費用の内訳は、幼稚園(約149万円)、小学校(約921万円)、中学校(約402万円)、高校(約298万円)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.