くらし情報『恋するASDっ子。どうする? 発達障害児の性教育』

2020年8月26日 10:16

恋するASDっ子。どうする? 発達障害児の性教育

公立小学校の特別支援学級に通う6年生の次女、アタはASD、いわゆる発達障害児。最初はその事実を受け入れられませんでしたが、そのうち、普通の子より個性が強すぎるだけなのかも、という心境に。こう言っては不謹慎ですが、障害児を育てるというのは、案外面白いのです。現在、夫は海外に単身赴任中。大学生の長女と私、そしてアタの3人のドタバタライフを書き綴ります。

第18回 恋するASDっ子。どうする?発達障害児の性教育

他人の気持ちが分からないのに好きって気持ちは人一倍。どうする?
女子力向上に張り切るアタさん(第17回をご参照URL埋めてください)。

小5の時、なんと、好きな人ができました‼︎お相手は、6年生のT君。勉強も運動もできる上、年下に優しいので男女問わず大人気。ライバル多数です!

「T君が側に来ると目がハートになってます。授業中もT君ばかり見てニコニコです。あんな乙女なアタさん、今まで見たことありません」

先生も苦笑。「Tくんも悪い気はしてないみたいです」

あら、両思い?アタは今までもイケメン好きでしたが、それはあくまで「優しい大人」だから。同年代の異性を積極的に「好き」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.