くらし情報『【悩ましい幼児期】子育て子どもの様子を見ながら一緒に成長していこう』

2020年8月17日 09:35

【悩ましい幼児期】子育て子どもの様子を見ながら一緒に成長していこう

幼児期になって、子どもとの接し方がわからないという人は多いのではないでしょうか。 親も初めてのことばかりで、戸惑いを隠せないこともあるでしょう。 そこで今回は、幼児期の子育ての悩みやコツを紹介します。

幼児期の子育ての悩みとは?

目次

・幼児期の子育ての悩みとは?
・幼児期の子育て。知っておきたい接し方のコツ
・親も子どもに育てられている
・子育ては親育て。一緒に成長していきましょう!
【悩ましい幼児期】子育て子どもの様子を見ながら一緒に成長していこう


幼児期は、乳児期に比べてできることがぐっと増える分、悩みの種も増えます。ここでは、幼児期の子どもを持つママたちがどのようなことで悩んでいるのか見てみましょう。

目が離せない
走ったり飛んだりなど、身体的に様々なことができるようになる幼児期は、試してみたいことや興味のあることがたくさん出てきます。いきなり走り出したり、高いところから飛び降りてみたり、とにかく目が離せません。

言葉の過渡期
だんだんと話せる言葉が増え、理解も進んできますが、当然大人と同じようにはいきません。一生懸命話そうとしてもうまく伝わらずに癇癪を起こし、ただただ泣き続けることも。 しかし、親も泣く理由や対処法がわからないので、どう接したらいいのか悩んでしまうのです。

成長による接し方の変化
できることが増えてくる時期なので、どこまでをサポートしてあげれば良いのかも悩みどころです。昨日までは機嫌よく手伝ってもらっていたことも、次の日には急に嫌がるということも出てきます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.