くらし情報『【プロが教える!高齢出産ママ、教育費や老後の資産形成をどうすればいい?』

2020年8月3日 12:23

【プロが教える!高齢出産ママ、教育費や老後の資産形成をどうすればいい?

ファイナンシャルプランナーとして25年のキャリアを持つ“お金のプロ”が、ママたちからよく相談されお金の悩みを取り上げ、わかりやすく解説します!

第7回高齢出産ママ、教育費や老後の資産形成をどうすればいい?

【プロが教える!高齢出産ママ、教育費や老後の資産形成をどうすればいい?


ママからのお悩み
30代後半に出産しました。子どもが18歳になる頃には、夫は定年退職しています。住宅ローンを支払いながら、教育費と老後の資産形成も同時に考えなければなりません。将来が心配です。

お答え
日本産婦人科学会によると、高齢出産の定義は初産で35歳以降、経産婦で40歳以降。

近年、35歳以降の出産は増えており、その割合は2018年度で全体の28.7%(厚生労働省出生の年次推移より)。この15年で1.76倍となっています。働く女性の数の増加から、出産のタイミングを逃すケースも少なくなくありません。この傾向は続くと見られています。

若い頃の出産に比べて高齢出産が良い点は、お金や気持ちに比較的余裕があること。収入も若い頃よりは高くなっているでしょうし、子どもに関する出費がなかった分、貯蓄もある程度貯まっているのではないでしょうか。

やっと授かったというご夫婦も多く、そういう方は、余裕がある分、より多くの教育費をかけてあげたいと考える人が多いです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.