くらし情報『子育てがつらいのは「うつ」のせいかも?セルフチェックと対処方法を紹介』

2020年8月18日 15:24

子育てがつらいのは「うつ」のせいかも?セルフチェックと対処方法を紹介

子育てがつらいと感じていませんか?子育てがつらいのは、環境による「うつ」の可能性があります。育児期の「うつ」は早めの気づき・対処が大切。この記事では、セルフチェックと対処方法についてご紹介します。

育児期の「うつ」とは?

目次

・育児期の「うつ」とは?
・子育てうつのセルフチェックをしてみよう
・子育てうつの対処方法
・子育てうつが心配になったらすぐ相談しよう
子育てがつらいのは「うつ」のせいかも?セルフチェックと対処方法を紹介


育児期のうつとは、どのような症状のことをいうのでしょうか。うつの種類や症状を解説します。

出産・育児期のうつには種類がある
出産・育児期のうつは、主に「マタニティブルー」「産後うつ」「子育てうつ」の3つ。

「マタニティブルー」は、妊娠中から産後10日くらいの間に症状が現れます。ホルモンバランスの乱れが原因で、一般的には2週間ほどで改善します。

「産後うつ」は産後1週間~数カ月以内に症状が現れ、1年ほど続くことも。ホルモンバランスや環境の変化、子育てへの不安が原因と言われています。

そして、一番悩む方が多いのが「子育てうつ」。子育てのストレスや、環境の変化で起こるうつ症状で、一過性のものではないので治療が必要です。

うつの症状を知り早めの対策を
うつの症状を知って、自分にその兆候があった場合は、早めの対策をすることが大切です。特に子育てうつは、親としての責任感が加わり、症状が悪化してしまう心配もあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.