くらし情報『海外の子育ては日本どう違う?子育て支援や子どもへの接し方を紹介』

2020年8月22日 12:00

海外の子育ては日本どう違う?子育て支援や子どもへの接し方を紹介

海外と日本とでは子どもへの接し方が異なり、日本人からするとびっくりするような習慣もあります。また海外では子育て支援が充実している国も多く、日本人の私たちにとってうらやましく感じることも。そこで今回は、日本と海外における子育て支援や子どもへの接し方の違いについて紹介していきます。

海外の子育て支援は日本とどう違うの?

目次

・海外の子育て支援は日本とどう違うの?
・海外と日本の子育ての違いとは?
・海外は子どもに対して寛容な国が多い
海外の子育ては日本どう違う?子育て支援や子どもへの接し方を紹介


子育ての満足度は、その国の支援の内容によって大きく影響されます。ここでは、海外の子育て支援についていくつか紹介しましょう。

パパやママが育児のために仕事を休める
子育て政策に力を入れているノルウェーでは、ほとんどのパパやママが育児休暇制度を利用します。休業中は、賃金の80~100%が保障されているため、安心して子どもとの時間を楽しむことができます。

学費を支援する制度が整っている
フランスでは、公立の幼稚園や学校、また大学も学費は無料です。日本では、国立の大学でもかなりの授業料がかかることを踏まえると、フランスの支援の厚さが理解できるのではないでしょうか。

とくに欧米では、社会全体で子どもを育てるという意識が強いため、子育て支援が充実している国が多いようです。

海外と日本の子育ての違いとは?

海外の子育ては日本どう違う?子育て支援や子どもへの接し方を紹介


ここでは海外と日本における、子どもへの接し方の違いを説明しましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.