くらし情報『【子どもの習い事】五感と自己肯定感を育むアート教室』

2020年9月6日 10:32

【子どもの習い事】五感と自己肯定感を育むアート教室

幼稚園や小学校に入ったタイミングで、何か習い事も!と考えている親御さんも多いのではないでしょうか。どんな習い事があって、子どもの発達にどんな影響があるのか、探っていきたいと思います。今回は、アート教室に3才男子と参加してきました。主催者の春日さんにその魅力を教えていただきました。

五感を育むアート制作

目次

・五感を育むアート制作
・アート教室に参加してみた
・テーマ制作ゴッホの「ひまわり」
【子どもの習い事】五感と自己肯定感を育むアート教室


アート制作をすることによって、この時期に大切な創造力を育むことができるそう。「見て、触れて、考えて、創造する」五感をフルに刺激することで、クリエイティブな感性が磨かれます。

アート教室に参加してみた

センサリーボックス
【子どもの習い事】五感と自己肯定感を育むアート教室

テーマ制作前の導入部分

アート制作前の導入では、センサリーボックスで五感を働かせるトレーニング。
箱庭のようなイメージで、ボックスの中には触って楽しめるカラーサンドや豆、お米、小麦粉、水やパスタなど様々なテクスチャーのものが入っており、その上にフィギュアや季節のモチーフになるようなものなどが置いてあります。

匂い、手触り、色彩を感じながら、心を落ち着かせ、集中力を高めていきます。

テーマ制作ゴッホの「ひまわり」

【子どもの習い事】五感と自己肯定感を育むアート教室

ゴッホのひまわりをモチーフに制作

この日のテーマは「ゴッホのひまわり」。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.