くらし情報『種を蒔いて、はじめての野菜作り【親子ではじめる、エシカル暮らし・15】』

2020年8月21日 10:59

種を蒔いて、はじめての野菜作り【親子ではじめる、エシカル暮らし・15】

生ゴミを処理するコンポスト

目次

・生ゴミを処理するコンポスト
・野菜ができるって、簡単なようでむずかしい
・人間のために便利に改良された種?
種を蒔いて、はじめての野菜作り【親子ではじめる、エシカル暮らし・15】


春、庭の一部をに作ったちいさな畑。畑というのは恥ずかしいくらいの、ちいさな畑だけど、楽しいです。

石ごろごろの硬い土を耕して、庭のコンポストでできた土を混ぜ込んでまた耕して…。コンポストはいろいろな種類がありますが、我が家のコンポストはいたってシンプル(というか簡単)で、庭に掘った穴に生ゴミと同量位の土や雑草をぽいぽいいれておくだけ。生ゴミがなくなるとゴミは劇的に減り、匂いなどもなくなり快適。おまけにガーデニングや畑に使える土ができるなんて、いいことずくめ。(段ボールなどにいれてベランダなどでも手軽にできる方法もあるので、みなさまぜひ!)

さて、畑に人参、トマト、きゅうり、バジルにルッコラ、二十日大根、レタス…。いろいろな種を子どもたちと蒔きました。

毎日水をやって、ついに小さな芽が出た日は大興奮。

「かぼちゃの種をまきました、芽が出て、膨らんで、花が咲いてじゃんけんぽん…」

小さい頃歌っていた、誰でも知ってるような、当たり前のこと。でも自分たちが蒔いた種から芽がでたのを見たら、なんだかほんとうに嬉しくなったのです。そして当たり前、と知ったつもりになっていることを自分の手や体を動かしてやってみる大切さを感じました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.