くらし情報『中国の競争社会は、子どもの習い事にも影響を与えている』

2020年9月14日 09:19

中国の競争社会は、子どもの習い事にも影響を与えている

2018年より中国・広州に滞在中の5歳児ママです。独身時代は上海で暮らしたことがありますが、現地で子育てしてみると驚きと発見の連続。(新型コロナウィルスによる退避のため、一時帰国中)

中国で子育てをしてみて感じたのは、中国人の教育熱。ある程度は想像していましたが、習い事の数と真剣さはすごいです。英語で教育を行う幼稚園ですので、特に教育熱心な親が集まるためかもしれませんが……。

第23回 中国の競争社会は、子どもの習い事にも影響を与えている

習い事は多岐にわたる
中国では幼稚園児でも、放課後は習い事がたくさん組まれています。英語、ピアノ、バレエ、などが人気の習い事で、そのほかに数的・論理能力、プログラミング、サッカー、少林寺、水泳など多岐にわたります。

娘の幼稚園では、アフタースクール(校内で行う、放課後の習い事)があります。だいたい1回(1時間)200元~450元(3000円~7000円弱)。料理、歌、地理、テニス、サッカー、空手、実験、プログラミング、バレエ、図画工作、モデルクラスなどです。

主に幼稚園の先生が行うものと、外部団体が行うクラスがあります。1時間3000~7000円と、けっこう高額です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.