くらし情報『妊娠中の食事で気をつけるべきことは?NG食材やポイントを解説』

2020年9月16日 12:00

妊娠中の食事で気をつけるべきことは?NG食材やポイントを解説

妊娠中は、つわりに悩まされたり、体重増加を気にしたりと、何かと食事に気をつけなければいけません。食材に関しても、食べてはいけないものがあるので、注意が必要です。

今回は、妊娠中に気をつけなければいけない食材や、食事で注意したいポイントを解説します。

妊娠中は食事に気をつけなければいけない理由

目次

・妊娠中は食事に気をつけなければいけない理由
・妊娠中に食べてはいけない食材
・妊娠中の食事におけるポイント
・妊娠中は危険な食材は避けて十分な栄養を摂ろう
妊娠中の食事で気をつけるべきことは?NG食材やポイントを解説


妊娠中は、食べたものが母体やお腹にいる赤ちゃんに影響を及ぼすことがあります。妊娠している体は、妊娠していないときよりも免疫力が低下することが多く、食中毒などの症状を引き起こす危険性があるのです。また、胎盤を通して赤ちゃんに成分が届き、発達に影響を及ぼすこともあります。そのため、妊娠中は食べ物や飲み物に気をつける必要があるのです。

妊娠中に食べてはいけない食材

妊娠中の食事で気をつけるべきことは?NG食材やポイントを解説


では、妊娠中に食べてはいけないものとは何があるのでしょうか。

生もの
1つ目は、刺し身や生肉などの生ものです。妊娠をしていない時は、ある程度のウイルスや細菌に勝てる免疫を持っているのですが、妊娠中の体は免疫が下がることが多いので、食中毒のリスクがある生ものは避けたほうがよいでしょう。

刺し身や生肉以外にも、生卵、生魚、明太子、生ハム、ナチュラルチーズも生ものにあたります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.