くらし情報『賢い人はもう学んでる? いま、大人のいじめに「分人主義」が大切なわけ』

2020年9月19日 10:09

賢い人はもう学んでる? いま、大人のいじめに「分人主義」が大切なわけ

しかし、この時期に大人から「〇〇ちゃんとあなたは…」などの比較対象的な言葉がけをされると、自己肯定感は低くなり、劣等感から他人を「排除」するようになります。この排除が、いじめの「根源」とも言われています。

時代は「分人主義」と言われています

大人になって自分を変えることや他者を変えることはとても難しいことです。自己肯定感を高めたからといって「他者評価」をしてしまう根源は無くなりません。では、いじめの対象になってしまったとき、どのように回避をしたら良いのでしょうか?

これは、案外とても簡単なことで、私達は古くからどこか1つのグループに属することを「正」として生きているのですが、1つのグループに属することにつまづいたときに、どうしようもなくなり苦しむのです。

普段から色々な場所を作っておくと、つまづいたときに「次がある」と気持ちの面でも立て直すことができます。これを「分人主義」といいます。

これからの時代は、子どもにも属するグループをたくさん作らせて「自分が嫌なことがあったら、そのグループから離れなさい」と教えていくことが大切だと言われています。「逃げなさい」と言ってしまうと、自分が弱者のような存在だと感じてしまったり、プライドを傷つけてしまう場合がありますので、自尊心を傷つけないためにも「苦しいなら離れなさい」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.