くらし情報『卵はごちそう【親子ではじめる、エシカル暮らし・16】』

2020年9月11日 10:00

卵はごちそう【親子ではじめる、エシカル暮らし・16】

目次

・卵は毎週6個だけ。大切に食べたいその理由
・おいしい卵は、どうやって食卓にやってきた?
卵はごちそう【親子ではじめる、エシカル暮らし・16】


卵は毎週6個だけ。大切に食べたいその理由

毎週水曜日は、卵の日。

近所にあるパン屋さんの一角におかれたボックス。そこには、わたしの住む藤野にある、一家で自然農を営む傘松ファームさんの卵が入っています。数種類の鶏たちが産んだ卵は、殻の色も大きさも様々なので、ボックスに並んだ卵の中から好きなのを6個、自分で選んで持ち帰ります。

持参の卵のケースは、陶器でできた海外製。家庭内エシカルを意識し始めた一年半前ほど前に「これいいでしょ」と夫が買ってきてくれたものです。当時は、卵って通常パックに入って売っているし、あまり意味をなさなそう…と思ったのですが、傘松ファームさんの卵に出会い、以降大活躍!持っていると「そのケースいいね」と、いろんな人に声をかけてもらってうれしいのです。

卵はごちそう【親子ではじめる、エシカル暮らし・16】

今週の卵。もう1個は食べちゃいました。

おいしい卵は、どうやって食卓にやってきた?

小さい頃から卵料理全般が大好きだったわたし。大人になってからは、卵は日々のお弁当作りの頼れる存在でもありました。調理が簡単で栄養価は高く美味い。しかも安い。最高…。

ですが、日本で売られている卵のほとんどが、生産性を高めるためのバタリーゲージという狭い狭いゲージに鶏を閉じ込め、産ませていると知って、卵を手に取るのを躊躇うようになりました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.