くらし情報『妊婦はいつまで飛行機に乗れる?安全に乗るための「5つの注意点」』

2020年9月20日 12:00

妊婦はいつまで飛行機に乗れる?安全に乗るための「5つの注意点」

妊娠中でも、帰省や仕事の都合などで、飛行機に乗らなくてはならないときがあります。そこで心配なのが、妊娠したら飛行機に乗っても大丈夫なのかどうかです。妊娠中に飛行機に乗ると、赤ちゃんに悪い影響があるのか不安になる方も多いでしょう。

この記事では、妊婦が安全に飛行機に乗るための5つの注意点をご紹介します。

妊婦はいつまで飛行機に乗ってもいいの?

目次

・妊婦はいつまで飛行機に乗ってもいいの?
・妊婦が安全に飛行機に乗るための5つの注意点
・妊婦でも安全に飛行機に乗ることができる
妊婦はいつまで飛行機に乗れる?安全に乗るための「5つの注意点」


いつまで妊婦は飛行機に乗っていいものなのでしょうか?妊婦が飛行機に乗れる時期を調べてみました。

妊婦が飛行機に乗れない規定はない
妊婦が飛行機に乗れないと定められた規定はありません。臨月であっても飛行機に乗ることはできますが、搭乗条件があります。

国内線を例にあげると、出産予定日の28日以内に搭乗する場合には、搭乗日の7日以内に発行された産婦人科医の診断書を提出することが必須となっています。

また、出産予定日の7日以内の場合は、医師の同伴が必要と定めている航空会社もあるので、航空券を購入する前に航空会社の条件を確認しておきましょう。

胎児への放射線の影響はない
妊娠中に飛行機に乗ることで、胎児に放射線の影響がないか心配になりますが、飛行機で移動する程度では問題はありません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.