くらし情報『妊娠線とは何?原因と「妊娠線をつくらない」3つの予防方法をご紹介』

2020年9月21日 10:02

妊娠線とは何?原因と「妊娠線をつくらない」3つの予防方法をご紹介

妊娠線は予防できることを知っていますか?妊娠線は残ってしまうとなかなか消えないので、早い段階から予防しておくのがオススメです。そこで今回は、妊娠線の原因や、妊娠線をつくらないための予防方法などを紹介します。

妊娠線とはどんなもの?

目次

・妊娠線とはどんなもの?
・妊娠線ができる主な原因とは?
・妊娠線をつくらない!3つの予防方法
・妊娠線を残さないためには早めのケアが大切
妊娠線とは何?原因と「妊娠線をつくらない」3つの予防方法をご紹介


妊娠線という名前は有名ですが、具体的にどのようなものなのかを解説します。まずは妊娠線について知っておきましょう。

胸やおなかなどの皮膚にできる肉割れの跡
妊娠線とは、妊娠によって胸やおなかが大きくなることで、皮膚にできる白くすけたような肉割れの跡です。妊娠により胸など大きくなった部分にできますが、妊娠による体型の変化でお尻や太ももなどにできてしまう場合もあります。

妊娠5ヶ月目からの予防がオススメ
おなかが大きくなりはじめたら、予防をはじめるのがオススメです。目安として、妊娠5ヶ月目にはおなかの大きさが目立つようになってくるので、予防をスタートさせましょう。

妊娠線ができる主な原因とは?

妊娠線とは何?原因と「妊娠線をつくらない」3つの予防方法をご紹介


妊娠線ができる主な原因も紹介します。原因を知って予防につなげましょう。

急激な体型の変化に皮膚が対応できない
妊娠すると胸やおなかが急に大きくなるので、体型の変化に皮膚が対応できません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.