くらし情報『妊娠中の顔にポツポツ、口周りはカサカサ!肌荒れの原因と対策とは?』

2020年9月23日 16:30

妊娠中の顔にポツポツ、口周りはカサカサ!肌荒れの原因と対策とは?

妊娠してから肌荒れがひどくなった気がする…。

妊娠中はつわりや息切れなど、様々な症状に悩まされることが多いのに、さらに肌が荒れているとなるとどんよりした気分になりますよね。

そこで今回は、妊娠中の肌荒れの原因と対策に迫っていきます!

妊娠中の肌荒れは胎児の性別が原因?

目次

・妊娠中の肌荒れは胎児の性別が原因?
・妊娠中の肌荒れを防止する対策は?
・ひどい時は我慢せずにすぐに皮膚科へ
妊娠中の顔にポツポツ、口周りはカサカサ!肌荒れの原因と対策とは?


「男の子だとニキビが増える」「女の子だとシミが増える」というような噂を聞いたことがあるかもしれませんね。しかし、胎児の性別と妊娠中の肌荒れには、医学的根拠はないと言われています。

妊娠中の肌荒れはほとんどの場合、ホルモンバランスの乱れが原因です。他には、つわりによる栄養の偏りや栄養不足、水分不足が考えられます。

ほとんどの場合はホルモンバランスの乱れ
女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンと呼ばれるものがあり、妊娠するとプロゲステロンが多く分泌されます。

プロゲステロンは、皮脂の分泌を促すため、過剰に分泌されてしまった皮脂が毛穴を塞ぎ、肌トラブルを引き起こします。

つわりによる栄養の偏りや栄養不足
個人差がありますが、つわりがひどくバランスの良い食事をとれていない人は、栄養不足によって肌荒れが起きることも。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.