くらし情報『つわりとは違う!妊娠悪阻とは?症状がひどい場合は入院も!』

2020年9月30日 14:00

つわりとは違う!妊娠悪阻とは?症状がひどい場合は入院も!

つわりといえば吐きづわり、食べづわりを想像する方も多いでしょう。 吐きづわりが重症化したケースを妊娠悪阻といい、症状がひどくなると内蔵の機能に支障を来たし、入院するケースも出てきます。

今回は、妊娠悪阻の症状について紹介します。

つわりの期間はいつからいつまで?

目次

・つわりの期間はいつからいつまで?
・妊娠悪阻はつわりとは違う
・妊娠悪阻の症状は?
・食べ物や水分が取れないときはすぐに病院へ
つわりとは違う!妊娠悪阻とは?症状がひどい場合は入院も!


  • 開始時期:妊娠5~6週ごろ
  • ピーク時:妊娠8~10週ごろ
  • 終了時期:妊娠12~16週ごろ
一般的につわりは妊娠5~6週目ごろから始まるとされていますが、早い人で妊娠4週から始まる人も。終了する時期もまちまちで、目安としては妊娠12~16週ごろが終了の時期と言われています。

ただ、つわりは個人差が大きいため、長い人は後期にまで及んだり、妊娠期間中ずっとつわりの症状が出たりする人もいます。

妊娠悪阻はつわりとは違う

つわりとは違う!妊娠悪阻とは?症状がひどい場合は入院も!


妊娠悪阻とは、頻繁に嘔吐し、食事や水分ですら取れなくなり、体重減少や脱水症状を伴う症状のこと。いわゆるつわりが重症化した状態です。

妊婦の約0.5%が発症しており、適切な治療を受けられなかった場合、脳や肝臓などに障害を引き起こす、重大な合併症に繋がる可能性もあります。

妊娠悪阻の症状は?

つわりとは違う!妊娠悪阻とは?症状がひどい場合は入院も!


妊娠悪阻では「疲労」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.