くらし情報『つわりとは違う!妊娠悪阻とは?症状がひどい場合は入院も!』

2020年9月30日 14:00

つわりとは違う!妊娠悪阻とは?症状がひどい場合は入院も!

や「めまい」をはじめ、「極度の脱水状態」や「体重の減少」などの症状がみられます。さらに重症化すると内臓系にも支障をきたし、命の危険性も。

疲労・口臭・めまい
身体は十分なエネルギー確保ができないと、脂肪を分解し、ケトン体という老廃物を蓄積します。老廃物が蓄積される状態をケトーシスといい、疲労・口臭・めまいなどの症状を発症。日常生活に支障をきたすようになります。

脱水
頻回な嘔吐、また食事や水分を摂取できないことから極度の脱水状態に陥ることも。トイレの回数が減ったり、口の中が乾燥したりする症状が現れ、血圧の低下や頻脈、熱が出るようになります。

体重減少
食事が取れない、取れても嘔吐することを繰り返していれば体重は減少していきます。通常のつわりでも見られる現象ですが、妊娠前より5%以上体重が減少している場合は妊娠悪阻の疑いで検査をすることになるでしょう。

症状が悪化すると内臓に影響する場合も!
妊娠悪阻が長引くと、重度の肝臓障害による黄疸や肝組織の変性の可能性も。治療がうまくいかなかった場合、子宮内胎児死亡や多臓器不全で母体死亡も考えられます。

食べ物や水分が取れないときはすぐに病院へ

つわりとは違う!妊娠悪阻とは?症状がひどい場合は入院も!


つわりはキツいものですが、どのくらいキツければ妊娠悪阻なのかという明確な判断基準はありません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.