くらし情報『【フランスからの報告】初めての出産・子育てをフランスで。日仏の差に驚きの連続!』

2020年9月22日 10:54

【フランスからの報告】初めての出産・子育てをフランスで。日仏の差に驚きの連続!

人との身体的距離を作ることは、むしろ他との信頼感やリレーション力、社交性を早くから高められ早期教育につながる、と説明されている。

また「抱くことだけがスキンシップではない。特に手や足先を掌で包み込むことを日に数回するだけで、子どもは安心感を得ることができる」とも言われ、双子を産んだ日本の友人に伝えたところ「お陰で気が楽になれた」と喜ばれた。

添い寝はご法度!
【フランスからの報告】初めての出産・子育てをフランスで。日仏の差に驚きの連続!


散歩にしろ人工授乳にしろ、母親達のストレス防止のため、禁止事項を極力作らないようにしているらしいフランス育児だが、「添い寝」についてはご法度。

それもあって日仏カップルの男性側がフランス人の場合は、多くのパパ達は妻が添い寝することにとても驚き、反対したりもするのだそう。

添い寝ばかりか昔は「親子同室」もなく、出産前にはまずは子ども部屋を準備。

近年は住宅事情から同室もやむを得なくなってきているが、ただ必ずベビーベッドは用意すべしとされている。

その1番の理由は事故防止。

「母親の身体による窒息死」「大人用枕や布団による窒息死」のリスクがあるため。

そして衛生面でも「大人と同じシーツ類を使用することは不衛生」とされ、さらには「夫婦のセックスレスのきっかけになりやすい」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.