くらし情報『高齢出産は危険なの?妊娠する前に知っておきたい高齢出産のリスク』

2020年9月28日 09:00

高齢出産は危険なの?妊娠する前に知っておきたい高齢出産のリスク

高齢出産が増加する現代において、40歳前後で出産することも決して珍しいことではありません。ただ、高齢出産にはリスクが伴うこともあります。

そこで今回は、妊娠する前に知っておくべき高齢出産のリスクを紹介します。

そもそも高齢出産は何歳から?

目次

・そもそも高齢出産は何歳から?
・高齢出産のリスク
・高齢で出産するメリット
・高齢出産はデメリットだけじゃない!
高齢出産は危険なの?妊娠する前に知っておきたい高齢出産のリスク


日本産科婦人科学会によると、35歳以上で初めて出産することを高齢出産といいます。35歳を過ぎると卵子が老化して受精しにくくなるため、徐々に妊娠しづらくなるのが現状です。

しかし、厚生労働省が発表した2018年のデータによると、40歳以上で出産した割合は全体の約6%もいることが判明しました。また、40代での初産の割合も2015年より増加しているのが大きな特徴です。

高齢出産のリスク

高齢出産は危険なの?妊娠する前に知っておきたい高齢出産のリスク


一般的には、25歳から35歳前後が妊娠に適した時期だといわれています。それは高齢出産にはさまざまなリスクが伴っているからです。そこで、高齢出産のリスクについて解説します。

難産になるケースが目立つ
高齢で初めて出産する場合、産道や子宮口が硬くなっていることが多いため難産になりすく、母子に危険が生じることを避けるために帝王切開になる確率も高くなります。

また、若いときに比べて体力も落ちているため、術後の回復に時間がかかることも。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.