くらし情報『費用はどれくらい?出産に向けてみんなが気になること』

2020年9月28日 12:00

費用はどれくらい?出産に向けてみんなが気になること

このように出産する場所の違いで、20万円近くの差があるのは大きいポイントではないでしょうか。

次の理由は、「出産する施設による違い」です。病院での出産が費用としてはもっとも高く、その次に診療所、助産所となります。

また「出産する時期」でも変化はあります。例えば、連休中や早朝深夜などは施設によって費用が異なるケースも……。深夜料金などが必要かどうかは早めに確認しておくと安心ですね。

かかる費用が変わってくる!出産する人は申請を忘れずに

費用はどれくらい?出産に向けてみんなが気になること


最初に紹介した出産育児一時金のほかにも、さまざまなバックアップ体制が用意されているのです。ここではその仕組みを詳しく見ていきましょう。

もらえるお金の中から対象になるものを探そう
各自治体では妊婦健診費の一部、もしくは全額を助成する制度が用意されています。助成される金額は平均で約10万円程度ですが、自治体によって約7万円から14万円程と、およそ2倍の開きが見られ、これは無視できない差と言えるでしょう。

そのほかには、出産する本人が会社勤めをしているのであれば、勤務先の健康保険から「傷病手当金」や「出産手当金」を受け取れます。こちらは各種の条件をクリアする必要がありますので、まずは会社の担当部署に相談してみましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.