くらし情報『妊娠中のお肌がカサカサ!保湿クリームで乾燥も妊娠線も予防しよう!』

2020年9月24日 15:00

妊娠中のお肌がカサカサ!保湿クリームで乾燥も妊娠線も予防しよう!

妊娠中、お肌が乾燥して、かゆみが気になることはありませんか?

妊娠前と同じように生活しているのに、お肌が乾燥しやすくなったと感じたり、乾燥でお肌がかゆくなったり、お肌のダメージを感じやすくなって妊娠線が気になったりすることも。

妊娠線を作らないためには、早めの保湿ケアが重要です。そこでこの記事では、乾燥や妊娠線の予防にも役立つ保湿クリームについて紹介します。

妊娠中のお肌が乾燥しやすいのはなぜ?

目次

・妊娠中のお肌が乾燥しやすいのはなぜ?
・妊娠線予防の保湿クリームはどう選ぶ?
・クリームで保湿して妊娠線を予防しよう
妊娠中のお肌がカサカサ!保湿クリームで乾燥も妊娠線も予防しよう!


妊娠中のお肌には乾燥しやすい理由があります。理由を知っておくことで、乾燥を解決するヒントにしていきましょう。

ステロイドホルモンが増加する
妊娠中は、ステロイドホルモンの分泌が増えます。ステロイドホルモンが増えると、真皮のターンオーバーが減り、コラーゲンも減少してしまい、お肌が弾力を失うのです。

そのため、通常時よりもお肌が乾燥しやすく、妊娠線の原因である真皮の断裂が起きてしまいます。

つわりで食生活が変化する
つわりで食事ができなかったり、特定のものしか食べられなかったりすることで、体の水分量が減ります。体の水分量が減るとお肌が乾燥して、かゆみや肌荒れの原因となるのです。

また、食事の栄養バランスが崩れることでお肌にも影響が出て乾燥しやすくなってしまいます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.