くらし情報『二人目でも高齢出産はリスクが高い?ダウン症や流産の可能性は?』

2020年9月28日 14:00

二人目でも高齢出産はリスクが高い?ダウン症や流産の可能性は?

一人目の子育てが一段落して、悩むのが「二人目問題」。特に一人目を30代で産んだママは、二人目を産むか迷っている方も多いのではないでしょうか。医学的には35歳以上の初産婦を「高年初産婦」と定めています。日本では二人目以上の場合の高齢出産について、年齢は定義されていませんが、経産婦であっても35歳以上であればリスクは同様です。今回は、二人目の高齢出産のリスクと注意すべきことを解説します。

高齢出産のリスクとは

目次

・高齢出産のリスクとは
・高齢で二人目を考えるときに注意すべきこと
・早めに夫と相談して必要なら治療を始めよう
二人目でも高齢出産はリスクが高い?ダウン症や流産の可能性は?


高齢出産にはリスクがあります。代表的な3つのリスクを解説しましょう。

ダウン症になる確率が高い
ダウン症とは、通常2本ずつペアになっている46本の染色体のうち、21番目の染色体が3本あるという先天的な疾患のことをいいます。ある調査では、ママが妊娠適齢期である25歳の場合、ダウン症の子どもが生まれる確率は1,351人に1人でしたが、ママが40歳の場合は、確率は112人に1人と10倍以上高くなったそうです。これは、母体の卵子が加齢によって老化し、受精卵に染色体異常が発生しやすいことが原因とされています。

妊娠による病気を発症する確率が高い
高齢出産のリスクは、胎児だけでなく母体にもあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.