くらし情報『子供の運動能力は12歳までが勝負?大切なのは習い事より外遊び』

2020年9月29日 14:00

子供の運動能力は12歳までが勝負?大切なのは習い事より外遊び

子供には運動能力が高くなってほしいと思っているパパやママは多いのではないでしょうか。特に自分自身が運動に苦手意識を持っている人にとっては、子供の運動能力は気になるところ。今回は、子供の運動能力を高めるためのポイントを紹介します。

子供の外遊びの時間が半減している

目次

・子供の外遊びの時間が半減している
・子供の運動能力は12歳までに決まる
・子供の運動能力を伸ばす外遊びとは?
・何よりも大切なのは「楽しい」という気持ち
子供の運動能力は12歳までが勝負?大切なのは習い事より外遊び


ある調査によると、子供の外遊びの時間は1981年から2016年の間で半減しているそうです。1981年には平均2時間以上外遊びの時間がありましたが、今では1時間ほどに短くなっています。スマートフォンやゲームの普及、のびのびと遊べる公園が少なくなったことが原因として考えられるでしょう。子供にとって、外遊びは運動能力を高める大切な時間であり、外遊びが減ることによる運動能力の低下が心配されています。

子供の運動能力は12歳までに決まる

子供の運動能力は12歳までが勝負?大切なのは習い事より外遊び


「ゴールデンエイジ」という言葉を聞いたことはありますか?これは、子供の運動能力が一気に伸びる黄金期のことです。ゴールデンエイジは5~12歳といわれています。運動能力を高めたいのなら、逃してはいけない大切な時期なのです。

5~9歳はさまざまな動作を経験させる
子供は成長とともに神経系が発達し、脳に情報を伝えて体を動かすというシステムができあがっていきます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.