くらし情報『妊娠出産の費用は自己負担になる?保険や確定申告についても解説』

2020年9月25日 09:30

妊娠出産の費用は自己負担になる?保険や確定申告についても解説

妊娠すると、妊娠中や出産の費用について不安に感じる方も多いのではないでしょうか。実際に自己負担になる費用と、補助がある金額の差額がどのくらいになるのか、知っておくことが大切です。

不安を解消して安心して出産を迎えられるように、この記事では、妊娠中と出産に関する費用について活用できる制度や、医療保険や確定申告についても紹介します。

妊娠出産の費用の平均額は?

目次

・妊娠出産の費用の平均額は?
・妊娠出産の費用は自己負担が減らせる!
・妊娠出産で知っておきたい保険と確定申告
・補助制度や確定申告で費用の負担を減らそう
妊娠出産の費用は自己負担になる?保険や確定申告についても解説


妊娠中、出産にかかる費用はいくらくらいなのか、平均額を紹介します。自分が住んでいる都道府県や受診、出産をする医療機関によっても費用は異なりますが、目安として確認しておきましょう。

妊娠中の費用はいくら?
妊娠中の費用として最初にあげられるのが、妊婦健診(妊婦健康診査)の費用です。厚生労働省が定める妊婦検診のスケジュールでは、合計14回の検診が推奨されています。

基本的な検診で1回あたり5,000円ほどかかり、その他にも随時検査費用がかかるため、合計は10万~15万円ほど。ただし、妊婦検診には公費の補助があるので、負担を減らすことができます。

出産の費用はいくら?
ただし、出産する都道府県や医療機関によっても異なるため、あくまでも目安としておくとよいでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.