くらし情報『お弁当もって、ちょっとそこまで【親子ではじめる、エシカル暮らし・17】』

2020年9月25日 10:00

お弁当もって、ちょっとそこまで【親子ではじめる、エシカル暮らし・17】

なので、もともと休みの度にどこかへ行きたい超! お出かけ好きだった我が家もスローダウン。のんびりしたお休みの過ごし方を考えるようになりました。

お弁当持って、いつもの場所へ

子どもも大人も楽しい我が家お気に入りの過ごし方。それは、いたってシンプルだけど、お弁当を持って近所を探索すること。

お弁当もって、ちょっとそこまで【親子ではじめる、エシカル暮らし・17】


車でブーンと通りすぎてる場所、早く早く、と子どもを急かしてる場所。そんないつもの場所をゆっくり歩いてみたり、のんびり座ったり、寝転んだりしてみる。ちょっとした坂道も、大きな石も、落ち葉の山も……3歳の息子も9歳の娘もここはかっこうの遊び場! とばかりに遊び出します。そしてお腹が空いたら、お弁当をひろげて食べる。

気を張らず、家にあるものをパッとつめただけのものでも、外で、みんなで「お弁当」を食べる。それだけで子どもって大喜びしてくれる。

さて、プラスチックフリーを意識中の我が家。お弁当箱はシーガルのフードキャリアを愛用しています。

12センチ3段サイズは家族分のお弁当を詰めるのにぴったり。オールステンレス(パッキンもなし!)なのに、漏れない、丈夫、匂い移りもなし、直火にだってかけられちゃうからキャンプにも持っていける……と、いいところしかありません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.