くらし情報『湿布を使っても大丈夫?妊娠中に肩こりになりやすい原因と解消法』

2020年10月5日 08:54

湿布を使っても大丈夫?妊娠中に肩こりになりやすい原因と解消法

肩こりに悩まされる妊婦さんは少なくないようですが、どうして妊婦さんは肩こりするのでしょうか?徐々にお腹が大きくなり体への負担が増すのに、こりや痛みが続くのはつらいものです。

この記事では、妊娠中に肩こりになりやすい原因や、その解消法についてご紹介します。

妊娠中に肩こりになりやすい原因

目次

・妊娠中に肩こりになりやすい原因
・肩こりを和らげるには?湿布や薬は使える?
・つらい痛みは我慢しないで医師に相談
湿布を使っても大丈夫?妊娠中に肩こりになりやすい原因と解消法


妊娠すると肩こりが起こりやすいのは、いったいなぜなのでしょうか?ここでは、主な3つの原因を挙げていきます。

ホルモンバランスの変化
妊娠するとホルモンの分泌に変化がおき、その変化は自律神経に影響を及ぼします。自律神経は血行や代謝などをコントロールしているため、乱れがおきると血行が悪くなり、肩こりなどの不調につながるのです。

ストレス
妊娠生活中は、つわりや体調の変化などで睡眠不足が続いたり、出産への不安を抱いたりして知らないうちにストレスを感じることが少なくありません。ストレスは筋肉を緊張状態にするので、それが肩こりにつながってしまうことがあります。

体形の変化
妊娠中期以降はおなかが大きくなり動きづらくなるので、運動不足になることがあります。その運動不足も血行の悪さの一因に。また、おなかの大きさにより重心が前方にかたむくので、首や背中の筋肉がそれを支えようと緊張してこりを感じるようになるのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.