くらし情報『離婚前に要チェック!財産分与で損しないために知りたいこと』

2020年10月3日 10:00

離婚前に要チェック!財産分与で損しないために知りたいこと

離婚をするにあたり気になるのが財産分与。夫婦だった時に2人で頑張って手に入れた家など、離婚したらどうするんだろうと誰もが疑問に思うのではないでしょうか。

そこで今回は財産分与について紹介します。

離婚する夫婦の財産分与…対象になるものならないもの

目次

・離婚する夫婦の財産分与…対象になるものならないもの
・財産分与を計画的に行うことで離婚もスムーズに!
・財産分与で後にトラブルにならないために
離婚前に要チェック!財産分与で損しないために知りたいこと


離婚時の財産分与は対象になるものと、ならないものがあります。それぞれの種類を見ていきましょう。

財産分与にはどんな種類があるの?
そもそも財産分与とは、夫婦で築いた財産を清算することです。しかし財産分与には法律で決まった方法がなく、あくまで各家庭の状況に応じて話し合いで決めます。

気になるのが財産分与できるものですが、結婚してから築いた2人の預金、貯金や現金などの他、有価証券、投資信託にゴルフ会員権などの動産などが挙げられます。また自家用車や自宅などの不動産、さらには高価な骨董品や美術品、家財道具なども対象です。さらに年金、退職金なども財産分与に関わっています。

また、生活のための借金も共有の財産としてみなされます。このように受け取るものだけではなく、財産分与には借金などの負債も財産分与に含まれる点には注意しましょう。

共働き夫婦が離婚する場合は財産分与に注意が必要
共働きの夫婦が離婚する場合であっても、一般的には財産の分与割合は2分の1とするケースが多いようです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.