くらし情報『年間にかかる子育て費用とは?教育費用の貯め方と節約術を伝授します』

2020年10月10日 12:24

年間にかかる子育て費用とは?教育費用の貯め方と節約術を伝授します

教育費は子どもを育てるうえで必要なので、子どもの将来のために貯蓄をしている人も多いでしょう。しかし、普段の生活を見直せば、もっと多くのお金を貯蓄に回すことができるかもしれません。

そこで今回は、効果的な教育費の貯め方と、今すぐ始められる節約術を紹介します。

子育て費用は年間でどのくらい必要?

目次

・子育て費用は年間でどのくらい必要?
・教育費用の貯め方
・無駄な支出を大幅に削減する節約術
・節約したお金を子育て費用に回そう!
年間にかかる子育て費用とは?教育費用の貯め方と節約術を伝授します


子育て費用とは、衣類や食費、生活用品、養育費など、子どもを育てるために必要な費用の総額を指します。

ある調査報告によると、幼児期から中学生までの年間でかかる子育て費用は、幼児期が約80万円、保育園や幼稚園が約120万円、小学生が約120万円、中学生は約160万円になることがわかっています。

教育費用の貯め方

年間にかかる子育て費用とは?教育費用の貯め方と節約術を伝授します


子育てでもっともお金がかかるのが教育費。この教育費をどれだけ計画的に貯められるかが、将来の負担を減らす大きなポイントになります。

教育費用の貯め方としては、最低限必要な教育費を把握してとにかく早く貯蓄を始めることです。

子どもの教育費が一番かかる時期は、大学に入学する時期になるといわれているので、高校卒業までをひとつの目安として計画を立ててみましょう。

無駄な支出を大幅に削減する節約術

年間にかかる子育て費用とは?教育費用の貯め方と節約術を伝授します


決まった額を毎月定期預金として入金することができれば、子どもの教育費として備えられます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.