くらし情報『子供のいたずら。正しい注意の仕方と対策としてできること』

2020年10月15日 10:18

子供のいたずら。正しい注意の仕方と対策としてできること

子供のいたずらへの注意の仕方と対策

子供のいたずら。正しい注意の仕方と対策としてできること


いたずらをした子供への注意は、怒らず、叱ることが大事です。「怒る」は感情的にすること。「叱る」は、冷静になってダメな理由を教えてあげること。声を荒げたり力ずくで押さえ込もうとすると、余計楽しくなって、行動が激化することがあるので注意しましょう。

叱るのとセットで、代替案を提示するのも効果的です。もし壁に絵を描いてしまうのなら、その部分に紙やホワイトボードをセットして、ママやパパはこっちのほうがいいなという風に教えてあげてみて下さい。

また、子供にいたずらされると困る危険なものや大事なものは、事前に子供の見えないところに隠しておくようにしましょう。

いたずらを通して、子供の自己肯定感を育てよう

子供のいたずらは、ただのいたずらというわけではなく、心身の発達に欠かせないひとつのプロセスです。ダメなものはダメですが、できるだけ、どうしてダメなのか理由を伝えてやめさせたり、代替案を提示して納得してもらうようにしましょう。いいこととダメなことを知れば、子供たちの脳は一段と成長し、自己肯定感を育てることにもつながりますよ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.