くらし情報『【フランスからの報告】フランスの住まい事情』

2020年10月6日 10:26

【フランスからの報告】フランスの住まい事情

家の中でもそれぞれ通信作業に追われる時間や場面が増えているので

「だからこそ食事中の対話は大切!」という傾向はますます強まってきている。

リビングも本来は暖炉が中心。でも最近は……そしてこれからは……
【フランスからの報告】フランスの住まい事情


ではテレビはどこに?……

家族の団欒の場でもあるリビングも、本来は写真のように暖炉が中心だった。それが近年変わり、暖炉のポジションに大型テレビが据えられる家が急増。

ところがここ数年でそれはさらに変貌。スマートフォンやタブレットの普及で
「最近、家族揃ってテレビで同じ番組を観ることをしなくなっている」

という家も増え、そうなると

「暖はとりたいからリビングには皆いて、それぞれ好きな映像を観る」

が新たなスタイルにもなりつつある。

そのために、また暖炉文化が復活。国をあげてのエコロジー政策で電気代も値上がりするばかりなので、薪ストーブ人気も再燃。売り上げが伸び始めているという。

キッチンに洗濯機!?
【フランスからの報告】フランスの住まい事情


キッチンに食器洗い機と並んで洗濯機が備え付けられていることが多く、これも最初、見慣れない光景で驚いたことのひとつだった。

でも実際に使ってみるとキッチンは家事の中心ポジションにあるので、機能的で便利な動線にもなることが判明。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.