くらし情報『子どもにとって必要な睡眠時間は?早寝を身に付けるためのコツも紹介』

2020年10月18日 09:32

子どもにとって必要な睡眠時間は?早寝を身に付けるためのコツも紹介

子どもの睡眠時間、しっかり確保できていますか?子どもにとって睡眠は、頭や体を休めるだけなく、成長するために大切なものです。しかし、テレビを遅くまで見てしまったり、寝室に行きたがらなかったりすることもありますよね。今回は、子どもに必要な睡眠時間や、早寝を身に付けるためのコツを紹介します。

子どもに必要な睡眠時間は?

目次

・子どもに必要な睡眠時間は?
・睡眠不足が子どもに与える影響とは
・子どもを早寝にするコツ
・親子で朝型の生活にして睡眠時間を増やそう
子どもにとって必要な睡眠時間は?早寝を身に付けるためのコツも紹介


子どもに必要な睡眠時間は、月齢によって異なります。

1歳までの乳幼児はほとんど寝ている時期もあり、12~17時間の睡眠が目安です。活動的になってくる1~2歳は、11~14時間の睡眠時間になります。お昼寝は2時間ほどすることが多いでしょう。3~5歳になると、お昼寝をしない子も出てきて、睡眠時間は11~13時間が目安です。保育園や幼稚園に通っている場合、登園時間から逆算して夜の就寝時間を決める必要があります。小学生になっても体や脳は未熟なので、9~13時間の睡眠が必要になります。登校時間を考えると、遅くても9時には就寝している必要があるので、習い事や食事の時間を調整することが大切です。

睡眠不足が子どもに与える影響とは

子どもにとって必要な睡眠時間は?早寝を身に付けるためのコツも紹介


では、子どもが慢性的に睡眠不足になった場合、どのような影響があるのでしょうか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.