くらし情報『《夫への不妊治療の伝え方》不妊治療は夫と一緒にスタートさせて』

2020年10月27日 10:13

《夫への不妊治療の伝え方》不妊治療は夫と一緒にスタートさせて

「不妊治療を始めたいけれど、夫にどう伝えればいいのか悩んでいる」という女性は多いと思います。もし、夫が不妊治療に協力してくれなかったらどうしよう。そう考えると、不妊治療について切り出すことさえ躊躇しますよね。

今回は、夫に不妊治療をしたいと伝える方法をご紹介します。

夫への不妊治療の伝え方

目次

・夫への不妊治療の伝え方
・夫を不妊治療に誘い出すための伝え方
・不妊治療は、夫を病院に連れ出すことから始めて
《夫への不妊治療の伝え方》不妊治療は夫と一緒にスタートさせて


「不妊治療を始めたい」と夫に伝える
不妊治療をしたいことを夫へ伝える時は「私だけが治療をする」と伝えてみましょう。なぜなら、その方が夫は納得しやすいからです。

夫が不妊治療を嫌がる理由
男性が不妊治療を嫌がる理由のひとつは、自分に原因があるかもしれないという恐怖です。もし自分の精子に問題があったら。そんな現実は、男性にとって受け入れがたいものです。

「私が」妊娠しないから病院に行きたい、と夫に伝える
夫に不妊治療をしたいと言う時は「私がなかなか妊娠しないから、病院に行ってどうしたらいいのかを聞いてみたい」と決意表明しましょう。これなら、夫は反対する理由がありません。

しかし、産婦人科には必ず夫婦二人で行きましょう。不妊治療がスタートしたら、あなただけでなく夫の協力が必要不可欠だからです。

男性不妊は医師から伝えてもらう
不妊治療の説明、中でも男性不妊の説明は、あなたからせず、病院での医師、看護師による説明で知らせましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.