くらし情報『3歳の夜泣きの原因は何?病気の可能性や対策をご紹介』

2020年10月15日 12:00

3歳の夜泣きの原因は何?病気の可能性や対策をご紹介

1歳までの夜泣きの時とは違う対策をとってみましょう。

できるだけ落ち着かせるように「見守る」
夜泣きがはじまったら、電気は暗くしたままで落ち着かせてあげる方法があります。海外では夜泣きを「放置」することもあるそうですが、「放置」ではなく、子どもを「見守る」ことがおすすめ。

子どもが泣いたからと言って、すぐに電気をつけて泣き止ませようとするのではなく、部屋を暗いままにして優しく語りかけて落ち着かせると、泣き止んで寝てくれることがあります。

なかなか泣き止んでくれない場合は、一度試してみると良いかもしれません。

寝る前のルーティンを決める
寝る前に子どもとスキンシップをとることを、ルーティンとして決めておくのも良いでしょう。環境の変化に不安を感じてしまうと、夜泣きにつながってしまうこともあります。

毎晩決まったことをしてから眠ることを習慣づけると、子どもが落ち着いて入眠できます。寝る前にコミュニケーションを取って、子どもに安心感を与えてあげましょう。

3歳の夜泣きが治らない場合は病院に相談を

3歳の夜泣きの原因は何?病気の可能性や対策をご紹介


3歳の夜泣きはいつの間にか治まっていたというケースもあります。しかし、中には病気が原因の場合も考えられます。

今日紹介した方法を試しても夜泣きがなかなか治まらない場合は、小児科に相談してみましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.