くらし情報『子どもの夜泣きはなぜ起こる?原因と年齢別の対処方法を解説』

2020年10月15日 12:00

子どもの夜泣きはなぜ起こる?原因と年齢別の対処方法を解説

子どもの夜泣きは、なぜ起こるのでしょうか?夜泣きの原因は子どもによってさまざまです。毎日子どもが夜泣きをするようになると、ママは不安になりますし、寝不足で体調を崩す原因にもなります。

子どもの夜泣きをどうにかしたいと考えているママも多いのではないでしょうか。そこで今回は、子どもが夜泣きをしてしまう原因と、子どもの年齢別の対処方法を解説していきます。

なぜ夜泣きをするの?原因は?

目次

・なぜ夜泣きをするの?原因は?
・夜泣きはいつまで続くの?
・年齢別の対処方法を試してみよう
・夜泣きがひどい場合は病院へ相談しよう
子どもの夜泣きはなぜ起こる?原因と年齢別の対処方法を解説


子どもはなぜ夜泣きをしてしまうのでしょうか。実はまだ夜泣きの原因は、はっきりとは判明していません。ただし、夜泣きにつながっていると考えられている要因があるので、確認しておきましょう。

1歳までの夜泣きは睡眠リズムの乱れによって起こる
0歳~1歳までの夜泣きは睡眠のリズムの乱れによって起こるといわれています。生後間もない赤ちゃんは睡眠リズムが定まっていませんが、生後6ヶ月くらいになると徐々に睡眠リズムができてくる子が多いようです。

しかし、同時に脳が発達してくるため、日中の刺激を脳が処理しきれないことで深い睡眠がとれず、睡眠リズムが乱れてしまい夜泣きをすると考えられています。

体の不快な症状が原因の可能性も
子どもの夜泣きは、体調不良等の体の不快な症状が原因となっているケースもあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.