くらし情報『夜泣きをあえて放置?海外の育児方法や注意点を知っておこう』

2020年10月16日 09:00

夜泣きをあえて放置?海外の育児方法や注意点を知っておこう

夜泣きを「放置」する方法もあるということを知っていますか?主に海外で取り入れられている考え方ですが、日本でも試している方がいるようです。ただし、放置するだけではないので注意点もあります。

そこで、今回は夜泣きの放置についてご紹介しましょう。

夜泣きは放置しても大丈夫?

目次

・夜泣きは放置しても大丈夫?
・海外では放置する育児方法があるの?
・夜泣きの放置は注意点も
・夜泣きは注意点を守って「放置」してみよう
夜泣きをあえて放置?海外の育児方法や注意点を知っておこう


「夜泣きを放置する」と聞くと冷たく聞こえますが、ただ無視をするわけではなく、近くで見守るのであって、ほったらかしにするわけではありません。

子どもが泣いている原因がおむつやミルクではない場合、すぐ抱き上げてあやすのではなく、近くで見守るのが、正しい「夜泣きを放置する」方法です。放置された赤ちゃんは、最初は泣き続けますが、ママが来てくれないことがわかると眠ってくれることも。ほったらかすのではなく、見守るという意識をもつことが大切です。

少しの時間の放置なら問題なし
放置する時間の目安は、5分程度の短時間からはじめるのがおすすめです。赤ちゃんの状態や環境にもよりますが、少しの時間なら問題ないとされています。それでも泣き止まない場合は、優しく声をかけてあげましょう。

海外では放置する育児方法があるの?

夜泣きをあえて放置?海外の育児方法や注意点を知っておこう


欧米では赤ちゃんは泣くものだと認識があることや、自立心を育てるために生後半年くらいから子供部屋で一人寝をさせているケースが多く、泣いてもすぐには抱っこせず、しばらく見守ることが多いようです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.