くらし情報『育脳ごはんのすすめ お子さんの脳の質を上げるための生活とは』

2020年10月19日 10:48

育脳ごはんのすすめ お子さんの脳の質を上げるための生活とは

乳幼児期には脳を活性化させることが大事、というのを耳にしたことはありませんか?もちろん乳幼児期は体も心も発達が目まぐるしい大切な時期なので、体全体の成長を考える必要があるのですが、中でも特に「脳の成長」は大切だと言われています。脳を育てるのに必要不可欠なのは、やはり食事。どんな食生活、食スタイルを意識すると良いのか?脳を育てる「育脳ごはん」について考えていきたいと思います。

育脳ごはんのすすめ お子さんの脳の質を上げるための生活とは


乳幼児期に脳の成長が大切な理由
脳は生まれてから6歳くらいまでに急激に発達し、おおよそ大人の脳神経の90%くらいにまで成長すると言われています。これは他の体の部位と比べても急激に早いスピード。この時期にしっかりと脳を活性化させることが大切になってきます。

また、ニューロンという神経細胞が脳には存在しており、これがネットワークを作ることで話したり、文字を書いたりなど複雑なことができるようになっていきます。このニューロンの働きに大事な役割を持つのがシナプスという接点。これは0歳の時に激増し、1歳でピークを迎え、その後使う回路は強化され使わない回路はなくなっていきます。その選択の節目が3歳ごろと言われているので、その頃までにどんな刺激を受けるかが大事と言われているのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.