くらし情報『わざわざ飲みに行きたい岡山〈犬島ホッピーバー〉とは?島へのアクセス・観光情報も。』

2019年8月8日 18:00

わざわざ飲みに行きたい岡山〈犬島ホッピーバー〉とは?島へのアクセス・観光情報も。

目次

・ホッピーをわざわざ島へ飲みに行くという贅沢。
・蒸した夏の島で、キンキンに冷えた喉越し爽快なホッピーを。
・〈犬島ホッピーバー〉
・瀬戸内国際芸術祭2019で自然と共にある歓びを体験。
・Hanako『よくばる夏の旅2019』特集では、日本全国の楽しみ方を多数ご紹介しています!
わざわざ飲みに行きたい岡山〈犬島ホッピーバー〉とは?島へのアクセス・観光情報も。


岡山といえば、瀬戸内海と島々が織りなす景観も楽しみたい。ノスタルジックなアート島「犬島」にホッピーバーが開店。船に乗って、島へホッピングしに行こう!Hanako『よくばる夏の旅2019』「島のホッピーバーへ。」よりお届け。

ホッピーをわざわざ島へ飲みに行くという贅沢。

わざわざ飲みに行きたい岡山〈犬島ホッピーバー〉とは?島へのアクセス・観光情報も。


犬島は岡山市唯一の有人島。最寄りの宝伝港からフェリーで約15分の船旅。

犬島に個性的なバーがあると聞き、岡越え山越え、さらに風光明媚な瀬戸内海を渡りやってきた。

わざわざ飲みに行きたい岡山〈犬島ホッピーバー〉とは?島へのアクセス・観光情報も。


犬島は1時間で一周できる島。島暮らしを感じながらお散歩できる。

この島は人口約50人が暮らす小さな島。昔ながらの集落が残り、手付かずの自然が生い茂る。近年、犬島に残る銅製錬所の遺構を使った美術館・〈犬島精錬所美術館〉を中心にアートが楽しめる島として瀬戸内国際芸術祭2019の舞台のひとつにもなっている。

蒸した夏の島で、キンキンに冷えた喉越し爽快なホッピーを。

わざわざ飲みに行きたい岡山〈犬島ホッピーバー〉とは?島へのアクセス・観光情報も。


集落の古民家を改築したホッピーバー。屋根を伝い落ちる雨水を受け止める花崗岩の巨石が目印。

そんな犬島にある〈犬島ホッピーバー〉。その名の通り、ホッピーが主役のバーだ。しかもここはホッピー財団が手がける事業の一環として初めてオープンしたレアなお店。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.