くらし情報『1泊2日で体が整う!青森〈界 津軽〉の湯治旅。』

2019年9月16日 12:00

1泊2日で体が整う!青森〈界 津軽〉の湯治旅。

目次

・みちのくの隠れ家、〈界 津軽〉へ!
・夏バテにも効く温泉治療「湯治」とは。
・ダイナミックな津軽三味線の響きに心奪われる
1泊2日で体が整う!青森〈界 津軽〉の湯治旅。


青森にある2箇所の宿を巡って温泉に浸かりながら心身ともに英気を養う旅へ。後編は今年4月にリニューアルオープンした〈星野リゾート界 津軽〉へ。

みちのくの隠れ家、〈界 津軽〉へ!

7月某日。「暑くてやっとられんわ……」と東北新幹線に飛び乗り、向かった先は夏でも涼しい青森でした。今回、弘前の奥座敷と呼ばれる大鰐温泉エリアに佇む温泉旅館〈界 津軽〉に宿泊することにしたのです。

〈界 津軽〉はみんな大好き〈星野リゾート〉が展開している温泉旅館。なんと今年4月にリニューアルしたばかりなんだそうです。

弘前駅からタクシーに乗って約30分ほどで到着。広〜いロビーの先に大きなガラス窓に目をやると飛び込んでくるのが今回のリニューアルの目玉である水上テラス「津軽四季の水庭」。池の上には青森の自然をテーマにした色ガラス「津軽びいどろ」が浮かんでいて、涼しげ。猛暑日が続く東京とは違い、青森の夏は平均最高気温が25度くらいだそうで(真夏日になる日もたまにありますが…)、風景を眺めているだけでマイナスイオンぶしゃ〜!っと浴びたような気持ちに。

この津軽四季の水庭では青森の四季をテーマにさまざまな演出を行うそうで、春には桜の模様を描いた「津軽金山焼」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.