くらし情報『広島・尾道の文房具ショップ兼カフェ〈綴る。〉で、旅の思い出を手紙に込める。』

2019年8月12日 09:00

広島・尾道の文房具ショップ兼カフェ〈綴る。〉で、旅の思い出を手紙に込める。

目次

・お茶と文房具を扱うカフェ兼ショップが、4月にオープン。
・ゆっくりお茶を飲みながら、旅の思い出を手紙に込める。
・〈綴る。〉
・【information:尾道】
広島・尾道の文房具ショップ兼カフェ〈綴る。〉で、旅の思い出を手紙に込める。


旅先から出す手紙って、なんだかロマンティック。SNSで済ませてしまうのは簡単だけれど、尾道に来たら4月にオープンした〈綴る。〉で誰かに手紙を書いてみては。

お茶と文房具を扱うカフェ兼ショップが、4月にオープン。

広島・尾道の文房具ショップ兼カフェ〈綴る。〉で、旅の思い出を手紙に込める。


広島・尾道の文房具ショップ兼カフェ〈綴る。〉で、旅の思い出を手紙に込める。


店主の河村優美香さん。もともとバーだった店内を改装した。

「お茶と文房具、それに手紙を書くこと、あと尾道の街が好きなんです」。そう話すのは、〈綴る。〉の店主・河村優美香さん。前ページでモデルも務めてくれた彼女は、隣町の福山市の出身。4月にオープンしたここは、お茶と文房具を扱うカフェ兼ショップだ。

広島・尾道の文房具ショップ兼カフェ〈綴る。〉で、旅の思い出を手紙に込める。


河村さんがセレクトした文房具がショーケースに並ぶ。

文房具スペースに並んでいるのは河村さんがセレクトした文具のほか、地元で活動するアーティストと「尾道」をテーマにして作った「オリジナル便箋セット」(918円)や、海や山などをイメージした「尾道カラー」の別注インク(1200円)など、この店でしか手に入らないオリジナルグッズ。

ゆっくりお茶を飲みながら、旅の思い出を手紙に込める。

広島・尾道の文房具ショップ兼カフェ〈綴る。〉で、旅の思い出を手紙に込める。


美しい茶器でいただく台湾烏龍茶(700円)。

文房具を選んでいると、河村さんが注文したお茶を淹れてくれた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.