くらし情報『「マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン展」、〈三菱一号館美術館〉で開催。〜今度はどの美術館へ?アートのいろは〜』

2019年8月23日 11:00

「マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン展」、〈三菱一号館美術館〉で開催。〜今度はどの美術館へ?アートのいろは〜

目次

・クリエイティブな才能を多角的に発揮した天才デザイナー、マリアノ・フォルチュニ。
・布の魔術師が発明した「デルフォス」とは。
・グッズも上質です。
・「マリアノ・フォルチュニ織りなすデザイン展」開催概要
「マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン展」、〈三菱一号館美術館〉で開催。〜今度はどの美術館へ?アートのいろは〜


ラジオ番組で美術展を紹介するうちに美術館巡りの面白さに目覚めたというDJAIKO62さん。コラム連載第17回は〈三菱一号館美術館〉で開催中の「マリアノ・フォルチュニ織りなすデザイン展」をご紹介します。

クリエイティブな才能を多角的に発揮した天才デザイナー、マリアノ・フォルチュニ。

「マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン展」、〈三菱一号館美術館〉で開催。〜今度はどの美術館へ?アートのいろは〜


マリアノ・フォルチュニ、初めてその名前を聞く、という人もいるかもしれません。ヴェネツィアでは彼のアトリエ兼住居だった邸宅が〈フォルチュニ美術館〉として1975年に開館し人気のスポットです。スペインで生まれ、ローマやパリを経て17歳からはヴェネツィアで過ごしたフォルチュニ。デザイナーとしてだけではなく、絵画、写真、舞台芸術にも才能を発揮、さらにビジネスマンとしてのセンスも飛びぬけていたそう

布の魔術師が発明した「デルフォス」とは。

「マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン展」、〈三菱一号館美術館〉で開催。〜今度はどの美術館へ?アートのいろは〜


左:デルフォス(シャンパン)1910年頃藤田真理子 右:デルフォス(オレンジ)1920年頃藤田真理子

多彩な彼の功績を示す上でハイライトといってもいいのが「デルフォス」の発明でした。19世紀末、女性はコルセットで締め上げウエストを細く補正、その上から衣服を身につけていました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.