くらし情報『「クラフトビールゼミ」を結成!クラフトビールの魅力を探るべく、ホップ畑見学へ。』

2019年8月29日 19:00

「クラフトビールゼミ」を結成!クラフトビールの魅力を探るべく、ホップ畑見学へ。

目次

・京都・与謝野で ホップ畑見学。
・〈スプリングバレーブルワリー京都〉でペアリング体験。
・今回教えてくれたのは…
・ハナコラボのクラフトビールゼミ。
・11月にクラフトゼミの発表会を開きます!
「クラフトビールゼミ」を結成!クラフトビールの魅力を探るべく、ホップ畑見学へ。


ハナコラボが「クラフトビールゼミ」を結成!選抜された4名のハナコラボメンバーのクラフトゼミ生が、〈スプリングバレーブルワリー〉協力の下、“教授”こと中水和弘さんが教えるビールのスペシャルワークショップ(計3回)に参加します。記念すべき初回の講義は、いきなりの課外授業!ビール造りの要であるホップについて学ぶべく、ホップ畑見学に行ってきました。

京都・与謝野で ホップ畑見学。

ビールに欠かせない「ホップ」の存在。聞いたことはあるけれど、実際はどんなもの?ハナコラボクラフトゼミ初の講義はいきなりの課外授業!ホップ畑見学に行ってきた。ゼミ生を代表して参加したのは、小谷津友里さんと川久保美月さん。収穫の始まる少し前、京都の北西部に位置する与謝野へ向かった。

「クラフトビールゼミ」を結成!クラフトビールの魅力を探るべく、ホップ畑見学へ。


ここは藤原ヒロユキさん(右:藤原ヒロユキ(ふじわら・ひろゆき)/イラストレーター、ビアジャーナリスト協会代表。著書に『知識ゼロからのビール入門』(幻冬舎刊)など。最近ではホップ栽培も開始。)のホップ畑。与謝野町で5年前からホップを栽培し、現在は外国種の「カスケード」「チヌーク」「コロンバス」に加え、日本産のホップ「IBUKI」を作付けしている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.